パソコン・インターネット

2022年7月31日 (日)

ニフティーサーブ加入編

ニフティーサーブ加入大作戦を決行したのは大学生のとき。

まずはパソコン。

パソコン通信なのだからこれがないと始まらない。
当時、すでに98ノートが発売されており、3代目のNS/Eが出た頃だったと思う。
学生として狙いを定めたのが2代目の中古だ。具体的にはNSもしくはNV。

一方、仲間うちでは98ノート派、ダイナブック派、エプソン互換機派がいて、アドバイスをくれる友人もいれば持論を展開するだけの人もいた。

大学の中ではもっぱらパソコンかワープロかの議論だったのを覚えている。文系だったせいか、パソコン派は少数で、どのメーカーのパソコンにするのかは話題にはならず、卒論を書くために便利なワープロはどれか、だった。

筆者の場合、少し先の卒論対策はさておいてパソコン通信が本来の目的。
ワープロ論争には目もくれず、パソコンの機種選定に勤しんだ次第。

結論としては98ノートNVに的を絞り、秋葉原電気街に出かけた。

最初に入った中古店で運よくNVを見つけたが、そう簡単に決心はつかず別の店舗にも足を運び価格や状態を見比べるのに時間を費やした。結果的には最初の店舗に戻って意を決して購入したのだが、店員から「さっき来てた坊やだ」みたいに声をかけられて赤面した。

この時大変だと思ったのは十数万円の大金を持参していたこと。クレジットカードなど持っていないし、店舗によってはクレジット払いだと手数料分が上乗せされていた。できるだけ安価に購入したいという思いと早いところ購入してさっさと帰宅したい思いが交錯していたと思う。

次はモデムだ。

パソコンと一緒に購入するという発想が無かったらしい。(笑)
雑誌広告で見つけた新小岩駅前のショップに出かけた。当時のメインストリームは1200bpsのモデム。今どきに表現すると1.2kbpsって信じられないほどの低速度。文字中心のパソコン通信ではこれで成立していたのだ。その後、幾度となくモデムをグレードアップしたが、初めてのモデムはオムロンの白い箱だった。

自分として最難関と感じていたのが電話回線だ。

学生時代はトイレ共用・風呂なしのアパートに住み、ピンクの公衆電話を居住者で共用していた。
ピンクの公衆電話は普通に電話番号を持っており、居住者の家族や友人から電話がかかってきた。
筆者はピンクの公衆電話から近い位置の部屋にいたので、電話を取り次ぐことが多かった。

その電話回線を使わせてもらうわけにはいかず、自室に回線を敷設する必要がある。
厄介だったのは72,800円もする施設設置負担金。いわゆる電話加入権だ。
そして毎月の基本料、うろ覚えだが1,550円だったか。調べてみると出身地より毎月200円ほど割高だった。

電話加入権を売買する業者を利用すれば安価にできたのかもしれないが、そんな知識もなく、たまたま通りがかった新宿の駅ビルの電気店で見つけた「72,000円」を選択した。なぜ800円の割引だったのかは謎だが、学生時分としては少しでも安くできて喜んでいた。

大金をはたいて電話回線を用意したことに父親はいぶかし気だったが、もしかすると母親は喜んでいたのかもしれない。

最後はニフティーサーブへの加入。

満を持しての加入手続きで迷ったのが支払方法。と言ってもほとんど記憶の彼方なのだが、結論としてはクレジットカード支払いを選び、そのためだけに基本料無料のクレジットカードを渋谷で申し込んだのを覚えている。当時としては未成年のため、審査のため親に連絡が入った。

父親からの初めての電話が「なんだこれは」だった。
電話回線に続き、クレジットカードの契約となったものだから怪しむのも無理はない。
当時、両親ともクレジットカードは所持しておらず、無用の長物と思っていたかもしれぬ。

まあ、いろいろと説明して渋々承諾してもらったのだが、こういうことは30年以上経過しても忘れられない思い出となっている。

振込や口座引落しは無かったのだろうか。学生なら口座引落しで充分だろうと今なら思うのだが、もしかすると口座引落し手数料が存在していたのかもしれぬ。貧乏学生であれば手数料には敏感になるし、一方、クレジットカードだとポイント制度があったのでその辺りも意思決定要因だったかも。

当時のクレジットカードのポイント制度は1年分を貯めて景品と交換するものだったが、それほどいいものをもらった覚えがない。ま、いいか。

道具や設備がようやく揃った。目的があり、苦労したものは少し怪しいとはいえよく覚えているものだと思った。

いよいよパソコン通信だ!!