« ほぼ切れないハサミ | トップページ | キタ、ゴーゴー »

2021年10月31日 (日)

予約、順番、本人確認

接種予約を終えたのが9月20日、月曜日。

横浜市では基礎自治体としては最多の人口を抱えていることもあり、ワクチン接種の進捗は思わしくなく、それに連動する形で予約もなかなか取れない状況が続いていた。私の年代では8月11日、水曜日から予約開始となっていたが、しばらく様子を見ることにした。9月に入ってから「そろそろ」と思って予約を試みたが今度は空きがない。

第1回は10月3日の日曜日、18時15分に区役所庁舎での接種となった。「蜜な環境を避けるため、予約時間に会場へお越しください」とあり、会場に到着したのがおよそ5分前。入口で予約時間の確認があった。「18時15分です」と伝えると、14番の番号札をもらい席に案内された。

Imag2251

その時点では、ひとつ前の予約枠の接種時間帯だったが、順調に進んでいる様子だった。

18時15分になり番号札順に受付が開始された。目の前に空席があり気になっていたのだが、案の定、「4番の番号札をお持ちの方はいらっしゃいますか」と担当者。しばらくすると「9番の番号札をお持ちの方は?」となり、私は結果として12番目に繰り上がった。

それはそうとこの短時間で2人も不在とはどういうことだろう。予約は15分単位なので30分や1時間も前に着いていたとはあまり考えられない。何か急用が入ったのか、待ち時間を潰すために外に出たのか。もしかすると18時15分を過ぎてから戻ってきたのかもしれないが、一方通行の順路だったため確かめようもないし、確かめたいとも思わなかった。

受付では接種券と本人確認書類を提示。看護師による体調確認のあと医師の問診。その後、接種ブースに案内された。4つのブースで運用されており、空いたところを担当者が案内するというスタイルだったが、会場レイアウトや順路を工夫すれば案内担当がいなくても良かったのではと正直思った。

接種後の待機時間は15分。その時間が経過したら近くの看護師に声掛けをと説明があったが、実際には看護師側から声をかけられ、体調の確認と書類の説明があった。お礼を伝えて会場を後にした。

その際、気付いたことがひとつ。

入場時の予約確認は口頭のみであったこと。選挙のように台帳が用意されていて確認があるとか、タブレット端末などで予約確認があるかと思ったが何もなかった。このやり方では、事前予約が無くても予約時間を自己申告すれば接種できてしまうではないか。そんな悪知恵を働かせる人はいないと思うが、18時15分に予約しておいて来場時に18時予約と申告すれば早く打てるし、その逆も可能だ。

それとも本人確認の段階で事後的に予約時間も確認していたのだろうか?


3週間後の10月24日の日曜日に2回目の接種、前回とほぼ同じタイミングで到着したと思うが今回の番号札は9番、ちょっと早かったか。・・・、で、今回は目の前の5番の席が空いている。またか😃

今回はちょっとした不手際があり、看護師による体調確認が漏れてしまったため、問診のあとに会場内を右往左往することになった。やはり会場レイアウトをもう少し工夫すれば良いのに、と思った。

Imag2266

無事に2回目の摂取を終えることができて安堵した。

会場を後にする際、前回思いついた悪知恵を使わなかった自分に気付き、これも安堵した(笑)

« ほぼ切れないハサミ | トップページ | キタ、ゴーゴー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほぼ切れないハサミ | トップページ | キタ、ゴーゴー »