« 東京オリンピックと「空の境地」 | トップページ | ほぼ切れないハサミ »

2021年6月30日 (水)

「(笑)」と「 笑」

初めて電子メールを使ったのが1991年。

当時はインターネットではなくパソコン通信の世界。Nifty Serve や PC-VAN などの閉じた中でのメールのやり取りのみ。パソコン通信を使っている友人・知人はいたものの、むしろパソコン通信を通して知り合いを作っていたような感じだった。

私が使っていたのはPC-9801シリーズのノートパソコン、98でしか表示されない機種依存文字というのがあり、メールのやり取りの際は機種依存文字を使わないというのがルールというかマナーだった。その影響かはわからないが記号を使った絵文字がよく使われていた。
(^^)/
(^^;
(>_<)
(;-;)
などなど。うーん、機種依存文字とは関係ないかな (^^;

一方、感情を伝えるために文末に(笑)、(爆)、(冗)なども多用するようになっていた。
相手によっては絵文字は失礼かもしれないが、(笑)だったら許されるかな、という感覚だったと思う。

そんなこんなでメールでは「文末に(笑)」という習慣が身についてしまっていたため、SNSを使い始めた際も何のためらいもなく「文末に(笑)」を使っていた。メル友がそのままSNSに移行するケースが大半だったので、至極当然な流れだったように思う。メル友は同世代が多かったので特に考えることもなかった。

SNSの利用が増えるにしたがって個人のメールはほぼ無くなっていった。SNSで事足りるという状況だ。

メールと違って、友だちの友だち、あるいは職場の繋がりもあって同世代以外の「友だち」が増えた。メールアドレスだと連絡先の交換となるが、SNS上の友だちだと緩くつながっているだけということもあり、メールよりも気軽だ。相手もそう思っているに違いない。

そんなある日、若手の「友だち」とのやり取りで違和感を覚えたのである。
「●●ですね 笑」とか「そうなんですか笑」という表記。

え、括弧を付け忘れているの?それともわざとやっている?

「文末に(笑)」をする際は、"笑"という感じの前後に括弧を付けるのが当たり前と思い込んでいる世代の人間としてはしばらく悶々とした日々を過ごすことになるが、意を決して聞いたみた。「文末の笑って括弧を付けないの?」

「あ、全然」
「つけないですね~」
「最近は空白も入れなくなりました」

インターネットが登場する前から電子メールを使っていたという自負は…何の意味も持たないことを自覚した瞬間(>_<)

それ以来、相手に応じて「(笑)」と「 笑」を使い分けている自分がいる笑。

« 東京オリンピックと「空の境地」 | トップページ | ほぼ切れないハサミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京オリンピックと「空の境地」 | トップページ | ほぼ切れないハサミ »